Entries

スポンサーサイト

千葉真一、いきなり引退宣言!?

 さっき、NHKの「土曜スタジオパーク」を何気なくみていた。ゲストはサニー・千葉真一。ご存じ大河ドラマ「風林火山」の板垣信方役としての出演。一通り挨拶などがあったあと、「風林火山」のこれまでのあらすじをVTRで紹介し、スタジオの千葉さんの姿が映ると、千葉さん、何か潤んだような表情。ドラマの出来がすばらしかったというような話をしているところから、よほどドラマに愛着があったことから目頭が熱くなったのか、...

Gackt登場1分10秒

 大河ドラマ「風林火山」、勘違い腐女子ども注目の長尾景虎=Gackt登場の「越後の龍」。その登場時間はたった1分10秒!まあ最初の顔見せっていうことで、予想されたパターンだが。それでも、Gackt登場の瞬間(8時22分前後)、2ちゃんねるの実況板のサーバーが半身不随状態に。恐るべし腐女子!  Gacktへの演技評価については、たったこれだけでは何とも。ミュージシャンだけあって声はいいが。いずれに...

奇跡!「風と雲と虹と」

 なんと、1976年の大河ドラマ「風と雲と虹と」(主演加藤剛)の完全版が発売されるそうだ。  アマゾンより  「草燃える」や「花神」といった70年代の大河の完全DVD化は、一部の回が喪失してしまっているため不可能といわれているだけに、この「風と~」の全話が残っていたことは奇跡といえよう。願わくば「国盗り物語」なども完全化して欲しいものである。...

こんな切腹シーンもあるのか

 今週の「風林火山」は「運命の出会い」というサブタイトルの通り、山本勘助がヒロイン・由布姫と運命的出会いを果たし、諏訪一族が滅んでいく中、自刃を拒んでいた由布姫を勘助が連れ出すという展開がクライマックスとして展開された。  しかし、番組を見ていた視聴者のほとんどの印象に残ったのは、前半の、由布姫の父・諏訪頼重が切腹に至るまでの描き方だろう。  戦に負けて寺に幽閉された頼重は訪れた武田晴信に対し...

柴本幸、大器の片鱗を見た

 大河ドラマ「風林火山」は第2クールに入り、次なる山場、諏訪攻めにさしかかっている。そして、みつ=貫地谷しほりというダイヤの原石が発見されてしまったおかげですっかり忘れられていた真のヒロイン・由布姫=柴本幸が、ようやく表舞台に上ってきた。  これまでも顔見せ程度に登場していた由布姫だったが、今週は初めて、その謎に包まれていた演技がはっきりと見られた。回を重ねるごとにマニアからも一般層からも高評価...

Appendix

Profile

ADAKEN

ADAKEN:オタク(R40)一応ライターです。
オタク関連の原稿執筆のご用命はこちらへどうぞ
kadachi1966@gmail.com




Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。