Entries

スポンサーサイト

ウルトラ映画はお祭りです、ファンタジーです

 「ウルトラの世界観」とは何だろう。それを確認しながら、最新作「大決戦!超ウルトラ8兄弟」を鑑賞してきた。 初日の午前中とあって、錦糸町の劇場内は小さい子供連れから我々のような大きなお友達、さらにはこの手の映画では珍しいが、出演者が出演者だけにと、どこからどう見てもジャニオタとしか思えない、腐女子とはまた異質の女性群まで、様々なそうであふれていた。40年以上の歴史を重ね、ウルトラマンが日本人に与え...

ウルトラ検定を受けてきた

 宇宙初となる、ウルトラシリーズの知識力を競う第1回ウルトラ検定が27日、全国規模で一斉に行われた。 試験会場は東京、大阪、名古屋に別れて置かれ、東京では新小岩の東京聖栄大学が会場となり、受験番号から類推して3級、2級合わせて延べ700人くらいが受験したようだ。受験者は我々のようないかにもとわかる、50~30代のウルトラで育った大きな子供たちから、小学生の子供まで多彩(女性もちらほら)。40年を超...

「見上げたもんだよ屋根屋の煙突、見下げたもんだねゴーオンジャー」

 炎神戦隊ゴーオンジャーがむちゃくちゃ面白い。 仮面ライダーやゴレンジャーなど昔からの東映作品を知る特撮マニアの見方としては、最近の戦隊シリーズは真剣みのかけらも見られぬていたらくヒーローに落ちぶれた駄作と正面からとらえがちだ。しかし、戦隊ものをたたき台にしたギャグマンガとしてとらえると、このゴーオンジャーは稀代の名作であると断言したい。 何がいいって、毎週出てくる怪人たちのキャラクター作りがこれ...

生スペシウム光線を見たぞ!

 期待の怪獣映画「ギララの逆襲」が今月26日に公開される。それを前にトークイベントが新宿・ロフトプラスワンで開催された。壇上に登場したのはこの映画のメガホンをとった稀代の巨匠・河崎実監督と、「高峰参謀」役で出演した古谷敏さん。そう、あのウルトラマンの中に入っていた人である。そしてウルトラ警備隊のアマギ隊員でもある。宇宙大怪獣ギララ(2003/04/25)和崎俊也商品詳細を見る 「ギララ」。1967年に松竹が制作...

ゴーオンジャーOP、どこかで聞いたと思ったら・・・

 炎神戦隊ゴーオンジャーのオープニングテーマを聞いていて、なんか引っかかっていた。【ニコニコ動画】ゴーオンジャーOP(動画) そうだ、この曲だ!【ニコニコ動画】とんでも戦士ムテキングOP と思ったら、やっぱり考えることは皆同じなようで、すでにムテキングの映像に「ゴーオンジャー」のタグが。 ああ、及川奈央たち悪の幹部がクロダコブラザースにしか見えなくなってきたあ。【ニコニコ動画】とんでも戦士ムテキング ...

Appendix

Profile

ADAKEN

ADAKEN:オタク(R40)一応ライターです。
オタク関連の原稿執筆のご用命はこちらへどうぞ
kadachi1966@gmail.com




Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。