Entries

スポンサーサイト

今年のトレンド「Origami」遊び?

 先月から続けている「もっと脳を鍛える大人のDSトレーニング」のおかげで、私の脳年齢は20代後半を維持できるようになった。心なしか、頭の回転が若干よくなったような気がしている。きょうが何月何日の何曜日かはすぐに答えられるようになった(それだけかよ)。 そのゲームの中に出てくる、川島隆太教授による脳を鍛えるワンポイントアドバイスで、折り紙を作ってみるのが脳の刺激に効果的だというが出てくる。確かに、指を...

轟轟戦隊ボウケンジャー Task.2

 仮面ライダーの敵といえばショッカー、秘密戦隊ゴレンジャーの敵といえば黒十字軍、キカイダーの敵といえばダーク。古来特撮ヒーロー番組では、一つの悪の組織が毎週毎週違うか偉人を送り込んで主人公と戦い、ライダーキックやゴレンジャーストームなど必殺技の前に敗れ去っていくというのが定型だった。 しかし、先週から始まった轟轟戦隊ボウケンジャーはかなり違うらしい。 先週の第1回では、主役の5人以外で唯一顔をさら...

実況の金メダリスト・刈屋アナウンサー

 きょうはもう何もいうことはあるまい。荒川静香の金メダルは見事いうほかない。先に指摘したとおり、やはりヒロインは強かった。朝8時まで起きていてよかった。  で、何に感心したって、荒川選手の演技以上に感心したのはNHK・刈屋富士雄アナウンサーの神業ともいえる実況である。2年前のアテネ五輪で、「伸身の月面が描く放物線は、栄光への架け橋だー」という名セリフを残したことで一躍有名になったあの人だ。長野五輪...

オタク的フィギュア3人娘の見方

 先ほどはまじめぶった話を書いてしまったが、わりと反響があったようなので一安心。 で、ここからは下世話な話。安藤美姫選手の涙をかばった形になったが、私の好みは残念ながらミキティではない。美人で色気もあって(個人的に眞鍋かをりに似てると思う、異論があればコメントどうぞ)特に落ち度はないのだが、オタク的な見方では彼女は何かが違うのである。 村主章枝も、やはり何かが違う。彼女はミキティとは違う色気を感じ...

日本人スポーツ記者の水準

 安藤美姫選手が記者会見の場で大泣きしたことが話題になっている。トリノ五輪フィギュア・スケート女子の競技を前にした心境を日本代表の3人に聞くという会見で、最後の質問だかで安藤選手に日本のテレビ局の記者が「亡くなったお父さんにどのような誓いを立てて滑るか」と訪ねたのが引き金になったようだ。 いったいこの記者は何を安藤選手にさせたかったのだろうか。この記者は桂小金治か(古い!)。安藤選手の涙を引き出し...

轟轟戦隊ボウケンジャー第1回

 ということで、シリーズ記念すべき第30作、「轟轟戦隊ボウケンジャー」がきょうから始まった。 新番組で、まず変わったのが画面構成。ついに16:9のハイビジョン方式になった。特撮(特に東映制作)といえばフィルム撮りというのが、わりと最近まで続いていて、それが特撮マニアにとって美徳でもあったりしたわけだが、薄型大画面テレビが飛ぶように売れるようになったという寄る年波にはもはや勝てないというわけか(それで...

ブルーの30年

 きょう19日から始まる「轟轟戦隊ボウケンジャー」で、戦隊シリーズは記念すべき30作目となる。1975年放映の第1作「秘密戦隊ゴレンジャー」をリアルタイムで見て、モモレンジャーのハイキックに興奮していた私としては、よくもこんなに長く続いたなという印象である。 先日その「ボウケンジャー」のお披露目とこれまでの29戦隊歴代の「レッド」が一堂に集結したイベントが東京ドームシティで開かれ、多くの小さなこど...

「国盗りが辻」?

 大河ドラマ「功名が辻」、なかなかおもしろい。この10年間でも5本の指には入る(つまり中より上)作品と思う。 ただ、原作を読み返してみて思った。これは司馬遼太郎の「功名が辻」ではない。大石静の「功名が辻」、もしくは「国盗り物語の後半」+「功名が辻」というべきであろう。前にも指摘したが、司馬版「功名が辻」とドラマとでは始まりの時期からして違う。これまでドラマに出てきた、桶狭間の合戦、墨俣一夜城築城か...

日の丸飛行隊よふたたび

 トリノ・オリンピックが始まった。表向きは「意外な残念な結果」が続いている日本勢だが、知り合いの複数の運動記者の見方によれば「確実にメダルが取れそうなのは女子フィギュアの3人のうちどれかとスピードスケートの加藤条治くらい」なのだそうだ。これら以外でメダルが取れればサプライズと思ってみれば、かえって安心してみられるというものだ。 とはいえ、札幌の「日の丸飛行隊ワンツースリー」や長野での盛り上がりを知...

表参道ヒルズ 人大杉

 きょうオープンした表参道ヒルズに行ってきた。 何しろ人があふれていた。地下鉄表参道駅の改札を出るまででさえ一苦労である。しばらくぶりに来た同駅だったが、そこらじゅう工事だらけで洞窟のような殺風景だった以前とは変わり、カフェなどの店舗が整然と立ち並ぶこぎれいな空間となっていた。駅のあちこちには赤いスタジャン姿のガーディアンなんとかの面々が徘徊しているのが目立つ。人出の整理のためにいるのだろうが、は...

「松下電器より心からのお願いです」

 松下電器からのダイレクトメール、あなたの家にも届きましたか?来ていないというあなた、日本に住んでいませんね。もしくは不法入国者ですね。  しかし不思議な手紙である。宛名の書いていない手紙を受け取ったのは、実物としては初めてだ。電子メールでは死ぬほど来るが。聞けばこのDM、日本の全世帯6000万軒に送付したそうだ。単純に考えて、郵送費用だけで30億円。不幸の手紙もここまで書ければ一流だ。  昨年...

ポータブルTVの可能性

 ワンセグ放送の正式サービス開始まで2カ月を切ったが、au(三洋電機)が対応機の販売を開始したのを皮切りに、ここに来て各メーカーの動きが顕著になってきた。ソニーがバイオノートtypeTにワンセグチューナーを搭載したことについてはここでも紹介したが、こんどは松下電器がポータブルDVDプレーヤーに搭載したものを出してきた。 松下、ワンセグチューナ搭載のポータブルDVDプレーヤー 〓9時間のワンセグTV受...

秋葉原カレー事情

 最近秋葉原を歩いていてふと気付いたのだが、この界隈にはカレー屋がやたらと多い。それもここ1、2年で急速に増えた気がする。  アキバのカレー屋の代表的な存在といえば、牛丼専門店「さんぼ」の向かいにある「ラホール」だろう。非常に辛く小麦粉を使わないさらさらしたルーのベンガルカレーが特色だ。値段も全メニュー1000円未満とリーズナブルだ。  JR秋葉原駅昭和通り口正面の横断歩道を渡ったところにある...

Appendix

Profile

ADAKEN

ADAKEN:オタク(R40)一応ライターです。
オタク関連の原稿執筆のご用命はこちらへどうぞ
kadachi1966@gmail.com




Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。