Entries

スポンサーサイト

NHK容赦なし

 NHKBS2「BS永遠の音楽 アニメ主題歌大全集」を見た。2時間ぶっ続けで。  疲れた。  いやー最近のNHKは加減というものを知らないようですな。職員、とりわけ制作セクションには相当数のオタクが入り込んでいるのは間違いあるまい。  ささきいさおと水木一郎と影山ヒロノブと串田アキラを並べて「翔べガンダム」を歌わせるという最高の贅沢。「ふしぎの海のナディア」を歌わせるためだけに森川美穂を呼び...

YOU TUBEの脅威

 「スプーの絵描き歌」  「ウルトラセブン」幻の第12話  「サンダーマスク」のオープニング  忌野清志郎が「夜のヒットスタジオ」で歌った「偽善者」  愛国戦隊大日本のオープニング  上に挙げたのはすべて映像共有サイトYOU TUBEにアップされているビデオファイルである。  「スプーの絵描き歌」はちょっと別だが、ほかの4つの映像は、レンタルビデオ屋に行っても絶対おいていない、CSを含めテレビで...

岡田さんのコメントに反省

 先般の「オタク・イズ・デッド」に関する感想に対する岡田斗司夫さんのコメントが本人のブログにアップされた。以下その全文を引用させていただく。 オタク・イズ・デッドの感想や、それ読んでの孫感想を見ました。 イベントに直接来た人はともかく、来てない人がレポートだけ読んで、自分のブログに「岡田はこう言ったそうだけど」と書いた上で、それに反論したり納得したり。 も~、みんなオッチョコチョイさ...

満員御礼 感謝と驚き

 一昨日書いた記事「オタキングの涙・・・・」がものすごい評判のようで、おかげで当ブログのアクセスカウンターはこの48時間だけで9000を超えてしまった。それまでは1日100件をお超えれば多い方、曽我町子さんの訃報の件でNHKのブログにトラバを貼ったときでさえ150といった程度だったしがないサイトが、一本の記事でこうも様相が変わることに驚きと喜びと恐怖感を同時に味わっているところである。  はたして...

オタキングの涙・・・・

 またロフトプラスワンに行った。今月はこれで3回目だ。きょうのイベントはオタキングこと岡田斗司夫氏の独演会、題して「オタク・イズ・デッド」。  昨年のドラマ「電車男」のヒットあたりからやたらと「オタク」という言葉が一般マスコミでもてはやされ、「萌え」というわたしのような歴史の長いオタクにとってはどうでもいいような言葉が、さもオタクの代名詞のように語られ、どんどん薄くなっていくオタクシーンに、オタ...

苦い炭酸(・∀・)イイ!!

 ネスカフェが発売したスパークリングカフェ、早速買ってみた。 絶対これはキワモノだろう、さていかにしてネタにしてやろうかと満を持して口にしてみると、、、、  意外や、なかなかいけるではないか。苦い炭酸というのはこういうことか。  そうとわかれば、一緒にあうおやつを試してみようと、いろいろ買ってきた。  まず、チョコレート効果86%。苦みと苦みの相乗効果で、実によくあう。99%も試そうかと思...

新バイオ、目玉はU?それともA?

 ソニーがバイオの夏モデルを発表した。それを伝える各ニュースサイトやテレビニュースなどを見て回っているうちにある特徴に気がついた。まずは以下に数点、見出しのみ列挙してみた。 http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2006/0516/sony4.htm:title=インプレス・ウォッチ(PCウォッチ) VAIO発表会でフラッシュメモリによるHDDレスtype Uが登場] http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0605/16/news072.html:title=I...

交通博物館最後の日

 きょう14日の秋葉原は神田祭。いつものような路上ライブやメイド撮影会は影を潜め、祭り袢纏姿の老若男女の「ワッショイワッショイ」のかけ声が、街中に鳴り響いていた。すっかりオタクに占拠されている秋葉原だが、お江戸神田の下町風情がしっかり受け継がれていることに、この街の強さを改めて認識させられた。  その神田祭りの喧噪の横で、きょうはもう一つの“お祭り”が展開されていた。秋葉原の南、万世橋を渡って中央...

NHKさんありがとう

 きょうNHKで放送された「つながるテレビ@ヒューマン」でこのブログの書き込みが紹介された。  紹介されたのは8日に書いた「ヘドリアン女王崩御」の記事。曽我町子サマの仕事はオバQだけじゃないと、マスメディアの扱いに不満を投げかけた内容を書いたのだが、しっかりと趣旨を受け止めてくれた紹介に納得。それにしても、まさかNHKでヘドリアン王の遺影を見られるとは、NHK一の美人アナ島津有理子さま(きょうはも...

ショッカーはなぜ「イー!」と叫んでいるのか

 昨日、仮面ライダーなど東映特撮・ヒーロー番組をものすごく数多く手がけた巨匠・平山亨御大のトークライブを新宿・ロフトプラスワンに見に行った。聞き手は、読売新聞政治部記者にして特撮オタクの女王・鈴木美潮サマと、我が心の師・唐沢俊一先生という、実に実に濃い顔ぶれ。  冒頭、亡くなったばかりの曽我町子さんの話から入ろうとするも、平山御大早くも脱線気味。曽我さんをはじめ、地獄大使の潮健児、死神博士の天本...

62,790円!

 PS3の発売日と小売価格が公表された。以下インプレスウォッチより。 SCEI、「プレイステーション 3」11月11日発売 価格は62,790円!! コントローラも発表 11月11日 発売 価格:62,790円 (HDD 20GB)、オープンプライス (HDD 60GB) 「Dual Shock 2」と外観的には大きな変化はない  株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント (SCEI) は、次世代機「プレイステーション 3」を11月11日に62,790円 (20...

世にトンデモの種は尽きまじ

 お昼のNHKニュースを何気なく見ていると、“麿”こと登坂淳一アナがいつも通りの品のあるまじめな顔で尋常ならざるニュースを読み出した。 英国防省 「UFO実在せず」 ロイター通信によりますと、イギリス国防省は、未確認飛行物体が実在するかどうかについて、4年間かけて科学的な調査を行い、2000年に報告書にまとめていたということです。イギリス国内の研究者が情報公開を請求した結果、400ページに及...

ヘドリアン女王崩御

 つい2時間ほど前、仕事中のことだった。速報ニュースのお知らせ音が鳴り、モニターに目をやると、一瞬、目を疑った。  「オバケのQ太郎の声で有名な女優の曽我町子さんが東京都国立市の自宅で死去。68歳」  冗談かと思った。あのヘドリアン女王が、魔女バンドーラが、死ぬわけがない。しかも「オバケのQ太郎」って、それだけかよ。しばらくして本文が流れてきたが、死因についての言及もなく、30代以上の大きな子...

さくら姐さんカッコイー

 轟轟戦隊ボウケンジャー第12話、久々に格好いいヒロインを見た。  エピソードのメインはボウケンピンク・西堀さくら。ボウケンイエロー・間宮菜月は、冷静沈着なさくらの忠告を無視したばかりに敵の罠にはまり、仲間をとらわれの身にされ、変身用ツール・アクセルラーも壊されてしまう。責任を感じた菜月は変身不能なまま単身で敵の元に行こうとするが、たちまちピンチに陥る。  そこに、フル武装姿のさくらが颯爽と現...

オタクよ、神保町を忘れるな

 久しぶりに神田神保町に行った。  秋葉原がすっかりメジャーな存在になってしまって久しいが、オタクを語る上では決して外すことのできないもう一つの聖地が、神保町の古本屋街であると私は確信する。お宝ものの漫画本や写真集を扱っているという点では、神保町は秋葉原よりはるかに先輩である。むしろそうした文化が、神保町から靖国通り伝いに秋葉原に伝播していったとの説もある。  ただ、高層ビルが林立するなど日々...

永遠なれ交通博物館

 毎度おなじみ、オタクの聖地秋葉原。その秋葉原の、南の境界線の役目を果たしているのは万世橋だ。その端を渡って中央線のガードをくぐると、昔懐かしい新幹線とデゴイチの先頭部が目の前に飛び込んでくる。そう、そこは鉄道ファンの聖地、交通博物館である。その聖地が、今月14日を最後に、70年の歴史に幕を閉じる。最後の記念にと、およそ10年ぶりに足を向けてみた。  きょうは平日だったが、ゴールデンウィークの只...

Appendix

Profile

ADAKEN

ADAKEN:オタク(R40)一応ライターです。
オタク関連の原稿執筆のご用命はこちらへどうぞ
kadachi1966@gmail.com




Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。