Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://adaken.blog4.fc2.com/tb.php/124-e89e5c79
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

惑星にわくわく

 やれ靖国神社がどうのとか、ロシアが漁船をどうしたとか、騒がしいニュースが流れる中、アニオタ・SFファンの常識を覆す大ニュースが飛び込んできた。

太陽系惑星9個→12個へ、惑星の定義変更案を公表

 天文学者の国際組織「国際天文学連合」(IAU、本部・パリ)は16日、これまで明確でなかった惑星の定義案を示した。それによると、米航空宇宙局(NASA)が昨年「第10惑星」と発表した「ゼナ」など3天体が惑星に昇格し、太陽系の惑星が9個から12個に増える可能性が高まった。

 定義案はプラハで開催中の総会で審議されている。24日の採決で承認されれば、1930年の冥王(めいおう)星の発見以来、太陽系の姿が大きく書き換えられることになる。

 これまで惑星の厳密な定義はなかった。しかし、海王星の軌道の外側で多くの小惑星が見つかり、冥王星を惑星に含めるかどうか、天文学者の間で長年、議論が続いていた。さらに、冥王星より大きなゼナが発見され、惑星の定義を求める声が上がっていた。

 定義案によると、惑星は自己の重力で球形を作り、恒星の周囲の軌道を回る天体――で、直径800キロ・メートル以上が目安となる。これによると、冥王星は小惑星に格下げされず、逆にゼナのほか、火星と木星の間にある小惑星「ケレス」と冥王星の衛星「カロン」が惑星に昇格する。

 さらに定義案は、現状の9惑星から冥王星を除く8惑星を「古典的惑星」、冥王星やカロン、ゼナを「プルートン(冥王星族)」とする惑星の細分類案も提案している。

 IAUは今回の3天体以外に、惑星に昇格する可能性がある複数の天体を示している。

(2006年8月16日20時26分 読売新聞)

 惑星って、こうやって増えるのか。「水金地火ケ木土天海冥カゼ」ってわけわかんないし。じゃあルナツーは?アクシズは?宇宙戦艦ヤマトに出てくるアステロイドベルトはどう説明すればいいんだ。第11番惑星の斉藤の立場は?ガミラスの前線基地は本当に冥王星なのか?セーラー戦士の扱いはどうなるんだ!!セーラーケレスってどういう女の子だろうハアハア。

 そうか、この説明に従えば、冥王星とカロンは双子星なのか。つまり、ガミラスが冥王星に前線基地を作ったのは、ガミラス星もイスカンダルとの双子星だったことに親しみを感じたから、という新たな解釈が生まれるわけか。

 さて、新たな惑星をあつかったアニメはいつ出てくることになるのか。当面はリメイクラッシュか。

スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://adaken.blog4.fc2.com/tb.php/124-e89e5c79
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Profile

ADAKEN

ADAKEN:オタク(R40)一応ライターです。
オタク関連の原稿執筆のご用命はこちらへどうぞ
kadachi1966@gmail.com




Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。