Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://adaken.blog4.fc2.com/tb.php/139-6a0d6a74
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

「集大成」と「禁断の裏技」

 このところ、「ウルトラマンメビウス」を見ないと1週間が終わった気がしない体になってしまっている。映画公開以降のエピソードは、どれも興奮しっぱなしのものばかり。まさに「ウルトラの集大成」というべき展開にどっぷりはまってしまっている(ついでにCSでウルトラマンエース、MXテレビでウルトラセブンも)。

 30年以上前に見た怪獣、超獣、更にウルトラ兄弟(とりあえずタロウ)を惜しげもなくブラウン管、いや液晶画面に登場させ、大きなおともだちの心をしっかりつかみつつ、昭和40年代ではなく平成の現代の視点で物語を進めている筋書きは、新鮮であり、また大いにつっこみがいがある、理想的な形である。

 そして今回、またも「ウルトラ禁断の裏技」をやりやがった。ウルトラマンメビウス=ヒビノ・ミライが、GUYSの同僚たちに自分がウルトラマンであることをカミングアウトしてしまったのである。最終回でもないのに、である。自分がウルトラマンであることをカミングアウトすることは、元来最終回における重大な儀式である。それはウルトラセブン伝説の最終回「史上最大の侵略 後編」の例を挙げるまでもない。

 これにより、今後GUYSの隊員たちはミライがウルトラマンに変身できることを知った上で怪獣と戦うことになる。これは当然、ウルトラシリーズ初の展開である。前にも触れた「サコミズ隊長=ゾフィー説」も含め、楽しみはますばかりである。

スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://adaken.blog4.fc2.com/tb.php/139-6a0d6a74
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Profile

ADAKEN

ADAKEN:オタク(R40)一応ライターです。
オタク関連の原稿執筆のご用命はこちらへどうぞ
kadachi1966@gmail.com




Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。