Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://adaken.blog4.fc2.com/tb.php/141-263431c8
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

怪獣使い 予習と復讐

 きょう11日の「ウルトラマンメビウス」を見る前に、触れておかねばならないことがある。いうまでもない「怪獣使いと少年」についてである。

 「帰ってきたウルトラマン」第33話、「怪獣使いと少年」。ほかのウルトラシリーズに比べて地味な印象がある同番組にあって、最大の問題作として今も語り継がれているエピソードだ。この話の主題はずばり「差別」。詳細は下記の動画にて確認していただければと思うが、これはもはや子供番組でもヒーロー番組でもない。

 宇宙人に守れているがばかりに虐待(いじめなんてレベルではない)を受ける少年。ただ宇宙人というだけの理由で一般市民から袋だたきにされ、あげく警官の発砲により命を落とすメイツ星人。その悲劇に怒り狂う怪獣ムルチの前に立つMAT隊員・郷秀樹(ウルトラマン)に、早く怪獣を倒せとせがむ自己中心な一般市民ら。怪獣が倒された後、少年が宇宙人を埋葬するところでドラマは終わる。

D

D

D

 今の放送倫理観ではとても考えられない内容だが、この続編「怪獣使いの遺産」をまさにきょう、放送するのである。果たしてこの衝撃的内容を知っている我々を、どこまでうなずかせることができるのか、期待と不安が同居する。

スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://adaken.blog4.fc2.com/tb.php/141-263431c8
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Profile

ADAKEN

ADAKEN:オタク(R40)一応ライターです。
オタク関連の原稿執筆のご用命はこちらへどうぞ
kadachi1966@gmail.com




Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。