Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://adaken.blog4.fc2.com/tb.php/147-0f091736
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

次回作に期待と不安

 大河ドラマ「功名が辻」が終了した。

 放送開始当初は、オープニングの斬新さや上川隆也の演技力の安定感などを挙げて褒めちぎったものだが関ヶ原の合戦を巡ってこのブログで触れたとおり、特に中盤以降は“ファンタジー色”全開の支離滅裂な展開に陥っていった。

 何しろ、本能寺の変も、関ヶ原の合戦も、さらには大坂の陣までも、戦国時代の節目となる出来事にはすべて山内一豊の妻・千代がそのきっかけを作っていたというのは、もはやお笑い大河ドラマでしかない。果たして原作者の司馬遼太郎は草葉の陰でどんな気持ちを抱いているやら。脚本家の枕元に毎晩化けて出ているのではなかろうかと心配してやまない。

 そうした反動もあって、最終回の本編終了直後に流れた次回作、「風林火山」の予告編が非常にまばゆく見えた。なにしろ、あの御大・千葉真一がついに大河に初登場するのである。さらに、脚本は伝説の朝ドラとなりつつある「てるてる家族」の大森寿美男。ただしGacktという爆弾も抱えているが・・・。

 もっとも、1年前、どっかーんと爆音とともに馬となって昇天してしまった「義経」が終わった後に見た「功名~」の予告も光って見えてた覚えが・・・。

 そういえば「功名~」の最後もどっかーんだったな。

スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://adaken.blog4.fc2.com/tb.php/147-0f091736
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Profile

ADAKEN

ADAKEN:オタク(R40)一応ライターです。
オタク関連の原稿執筆のご用命はこちらへどうぞ
kadachi1966@gmail.com




Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。