Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://adaken.blog4.fc2.com/tb.php/162-111b0c4b
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

圧勝って・・・

 以下のような記事を見るに付け、報道、就中一般マスコミの近視眼的浅はかさを感じずにはいられない。

次世代DVD、ブルーレイが圧勝=06年国内販売シェア77%

*2006年の次世代DVD対応機(ゲーム機を除く)の国内販売で、ソニー <6758> や松下電器産業 <6752> などが提唱するブルーレイ・ディスク(BD)が、東芝 <6502> が推進する別規格のHD DVDに圧勝したことが26日分かった。市場調査会社BCN(東京)によると、BDのシェアはゲーム機を除いて77.7%と、HDの22.3%を大きく上回った。

 このうち、主力となるレコーダーとプレーヤーの合算シェアは、BD82.7%、HD17.3%。対応ドライブ(駆動装置)を搭載したパソコンのシェアは、BDが68.0%、HDは32.0%。 

1月26日20時1分配信 時事通信

 「ブルーレイが圧勝」。このフレーズがいかにばかげた言葉であるかは、この分野にそこそこ興味を持っている人間なら誰もが抱くだろう。

 まず、東芝が昨年7月に発売した、初のHD DVDレコーダー「RD-A1」は半年経った今でも実勢価格30万円前後と、HDD/DVDレコーダーの上位機と比べても2倍近い。この機種が飛ぶように売れるとは、東芝もはなから考えていなかっただろう。

 これに対してブルーレイ陣営では、昨秋以降にソニーと松下電器が、両社呼応したかのように20万円前後のスタンダードモデルと25万円前後の上位モデルをそろえてほぼ同時期に発売した。

 これらの発売時期と価格を並べれば、どれが一番売れるかは火を見るより明らかだ。

 東芝機がなぜ高価なのかというと、搭載しているHDDの容量が1TB(1000GB)であることが一番大きい。ブルーレイの2社はいずれの上位機とも500GBである。このスペック差を割りきって、ブルーレイレコーダーを購入した人が結構いたということだろう。

 ただ、ハイビジョンディスク市場自体は、DVD市場を100とすれば0.1ぐらいというのが実感だ。HD DVDにしろブルーレイにしろ、最新映画がハイビジョンディスクでリリースされるケースはまだきわめて少ない。今一番売れている邦画DVD「日本沈没」でさえハイビジョンディスクではリリースされていない。ソフトベンダーも様子を見ているのが現状だ。野球にたとえれば、1回裏、ブルーレイ陣営の攻撃で1塁にランナーが出ただけではなかろうか。この状況をさして「ブルーレイ圧勝」といってしまう上記の記事。記者の無邪気さを覚えると同時に、このフレーズが一人歩きすることへの懸念を覚える。

スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://adaken.blog4.fc2.com/tb.php/162-111b0c4b
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Profile

ADAKEN

ADAKEN:オタク(R40)一応ライターです。
オタク関連の原稿執筆のご用命はこちらへどうぞ
kadachi1966@gmail.com




Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。