Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://adaken.blog4.fc2.com/tb.php/166-b09ad593
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

アマゾンを見習え!ゲキレンジャー

 きょうから戦隊シリーズの新番組「獣拳戦隊ゲキレンジャー」が始まった。

 前作「轟轟戦隊ボウケンジャー」は、戦隊シリーズ30作目の記念作品という位置づけもあって、原点回帰的な、わりと戦隊シリーズの王道をいくような作り方がなされ、しっかりした内容だったように思う(ヒロインのピンチが少なかったのはいただけないが・・・)。その王道型の後を受けての31作目はどうやら変化球をねらっている出だしだ。

 冒頭、登場したのはジャングルで暮らす野生児。その野生児・漢堂ジャンは悪の手先に追われるキャリアウーマン風の女性・真咲美希と遭遇する。美希は獣拳を駆使して戦うものの、所持していた腕輪を奪い去られてしまう。美希は、人間離れの力を持つジャンを東京に連れて帰り、悪の獣拳・臨獣殿と戦う拳士としてスカウトする。そのとき、町を荒らす臨獣殿の拳士の一団が出現。すでに拳士として特訓を重ねてきた宇崎ラン、深見レツの2人とともにジャンは戦いに挑んでいく。―と、ざっとこんなだ1回のあらすじ。

 まず、気になったのは野生児・ジャンのこと。やれ「ゾワゾワ」だの「ニキニキ」だのと、野生語とでもいうべき言葉を発しているのだが、その辺の街や電車の中でウンコ座りしている小汚い若者くらいにしか見えない。野性味が足りないのである。少しは仮面ライダーアマゾンを見習ってほしい。アマゾンの場合、当初は日本語自体がままならず、当時見ていた子供の目には、とても日本人とは思えなかった(もちろん、演じていたのは正真正銘の日本人。日本語が不自由だったのは単に演技力のせいだったかも知れないが)。

 一方、大きな子供たちのここをつかんだのは美希を演じる伊藤かずえ。獣拳を駆使するアクションは見事!さすが往年の大映テレビドラマの看板女優。どうせならドラムスティックやチェーンでも振り回しながら戦ってくれればいうことなしだが。

 そして、いちばん気に入ったのはエンディング・テーマ。ついにアニキ・水木一郎の登場である。意外だが、アニキが戦隊ものの主題歌に関わるのはこれが初めてだ(挿入歌ではあったと思うが)。歌の感じも、渡辺宙明メロディーを思わせる懐かしめのテイスト。その歌にあわせて、3人のメンバーのみならず、伊藤かずえもノリノリに踊ってくれているのはもうGJ!

 というわけで、総合すると微妙な滑り出しといえる新戦隊だが、これからどう展開されるのか。今回のヒロイン・ランは当たりかはずれか(適役のメレたんの方がいい感じ?)。今後に期待したい。

スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://adaken.blog4.fc2.com/tb.php/166-b09ad593
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Profile

ADAKEN

ADAKEN:オタク(R40)一応ライターです。
オタク関連の原稿執筆のご用命はこちらへどうぞ
kadachi1966@gmail.com




Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。