Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://adaken.blog4.fc2.com/tb.php/177-7f06f40b
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

選挙の春、政見放送の春

 選挙の季節である。選挙というと、オタクにとっての興味は、どんな面白い政見放送が見られるかという一点につきる。その昔、政見放送でなければ見ることのできないスターというのが存在していた。右翼の大御所・赤尾敏、新宿2丁目友の会の東郷健などはその代表格だろう。特に赤尾氏の場合、選挙における主張はずばり「投票に行くな!」。もうこれ以上ストレートな主張はない。当時投票権がまだなかった私にとっては、選挙=政見放送=赤尾敏以上の何者でもなかったのである。

 その後時は流れ、小選挙区比例代表制の新党という悪しき慣習により、政党単位での立候補が圧倒的となり、既存政党による何のおもしろみもない政見放送が大勢を占めるているのが国政選挙の現状だ。われわれにとっては宝の山である無所属候補など立ち入る隙間も与えていない。それでもちょっと前までは、「開星論のUFO党」とか、「田中角栄を政界から追放する勝手連」とか、「反ソ決死隊」などといったすてきな政党もいたものだが。

 しかし、統一地方選挙、特に東京都知事選となると、まだ多少の余裕があるようだ。毎度おなじみのドクター中松やらどう見てもそのまんま東へのコンプレックスとしか思えない桜金造などはその現れといえよう。そんな中、今朝、たまたま出がけに見ていた政見放送で、新星に出会った。その名は外山恒一。その映像がこれだ。

D

 赤尾先生の思想を全く反対の側から受け継ぐ、世紀の逸材だ。この放送のおかげで、半ば忘れそうになっていた選挙戦の存在を明確にしてくれた。選挙というものに、この放送のおかげで興味を持てたという若者も少なくないだろう(投票に行く行かないは別として)。少なくとも、この候補者が支払った供託金300万円が、決して捨て金ではなかったことは間違いない。

スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://adaken.blog4.fc2.com/tb.php/177-7f06f40b
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Profile

ADAKEN

ADAKEN:オタク(R40)一応ライターです。
オタク関連の原稿執筆のご用命はこちらへどうぞ
kadachi1966@gmail.com




Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。