Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://adaken.blog4.fc2.com/tb.php/230-9ec2ac59
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

無駄遣い才能の有効活用?

 角川、さすがわかっているな。
「ユーザー投稿角川アニメ」の公式認定も YouTubeに角川参加

 つまり、出来のいいMADビデオなら削除どころか、スポンサーを募って支援していこうという、誠にクリエイターの立場を理解しての大英断と賞賛したい。
 このところ個人的に、MADビデオをYouTubeやニコ動で見ることにかなりの時間を割いている日々が続いており、半ば中毒とかしている。その中毒を引き起こす原因が、これら動画サイトに日々上がってくるまさに“才能の無駄遣い”というべき神業映像群である。どんな映像があるかについては、このブログのサイドにあるmitterのサムネイルをクリックして確かめていただきたい。
 その、無駄遣いだった才能が生かされるチャンスを、メディア側からさしのべてきたというのは、まさにこれら動画サイトという存在が生み出した奇跡といって過言でない。
 そもそもオタク文化の発祥の一つこそが、このMAD映像を作って競い合う(さらに古くはビデオじゃなくオーディオテープのMADに端を発する)ところから始まっているのである。こうした映像を作っていくうちに才能が培われ、プロフェッショナルのアニメーション作家になっていく例もたくさんある(DAIKONフィルムなどはまさにそれ)。
 ジャスラックや日本のテレビ各局は、YouTube=著作権侵害常習犯と決めつけて、違法コンテンツの削除ばかりに目がいっているが(それの影響か、新聞系サイトのこのニュースの扱い方も着眼点がまるで違う)、この角川の動きをきっかけに新たな流れが生まれないかと、淡い期待をしたい。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://adaken.blog4.fc2.com/tb.php/230-9ec2ac59
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Profile

ADAKEN

ADAKEN:オタク(R40)一応ライターです。
オタク関連の原稿執筆のご用命はこちらへどうぞ
kadachi1966@gmail.com




Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。