Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://adaken.blog4.fc2.com/tb.php/246-29f3bc3f
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

これでいいのかL4U

アイドルマスター ライブフォーユー!(オリジナルアニメDVD同梱版) 特典 L4U!(ライブフォーユー)新曲ダウンロードカード付きアイドルマスター ライブフォーユー!(オリジナルアニメDVD同梱版) 特典 L4U!(ライブフォーユー)新曲ダウンロードカード付き
(2008/02/28)
Xbox 360

商品詳細を見る

 先週末、待ちに待ったXbox360のソフト「アイドルマスター・ライブ・フォー・ユー」(以下L4U)がリリースされた。
 今やゲームといえば、世間一般ではDSでありWiiでしかなかったりするご時世の中、旧態依然の、俗世から離れたゲームオタクどもにとって心のよりどころとも言えるXbox。その、一部で「彼岸ハード」「国辱ハード」などとかぐわしい称号が与えられている「神機」の最終兵器として1年前、アーケードゲームから移植されたのが「アイドルマスター」(以下アイマス)だ。
 なにしろ、これほどまでに「やった人」より「見た人」の方が圧倒的に多いゲームソフトもないだろう。今やオタクに限らずネットウォッチャーの必見サイトとなったニコニコ動画をメジャーシーンに押し上げた原動力が、このソフトを使ったMAD動画の数々であることは誰もが認めるところだろう。
 さらにアイマスがもたらした功績の一つが、コンシューマーゲーム機におけるダウンロードアイテムビジネスの可能性に光明を見いだしたことだ。ゲームに登場するアイドルの女の子に着せるコスチュームやアクセサリーを、ネットを通して追加購入するという、まるで仲良くなったキャバ嬢に気に入った服を買ってあげるような悪徳システムだが、これがいまや、ソフト本体の売り上げを追い越してしまっているというのだからすごい(まあソフト本数そのものの売り上げがいくらかはあえて触れないが)。いかにオタクがギャルゲーに弱いかを如実に表す現象だ。
 そんな「アイ$マスター(うわ寒すぎ!)」の2匹目のドジョウを狙おうというのが、このほどリリースされたL4Uなのである。
 が、今回は前作とはだいぶ様子が違う。前作は、プレーヤーが芸能プロのプロデューサーとなって一癖もふた癖もある女の子をスーパーアイドルに育てていく、典型的なギャルゲーだった。ところが今回はその育成要素を一切取っ払い、女の子に様々なコスチュームを着せて演出を設定する点は前作と同じものの(ただしアイテムの隠し要素は前回よりかなり薄い)、着飾った女の子たちがステージで歌っているのにあわせて、声援やパーカッション類を鳴らすという、ぶっちゃけ、「太鼓の達人」女の子版という代物になってしまっているのである(ちなみにアイマスも太鼓の達人も同じナムコ製。太鼓の達人のアクセサリーもアイマスに出てくる)。
 この手の、いわゆるリズムゲー、前作でもダンスレッスンをする場面などで一部取り入れられてはいたが、これほど前面にというか全面に出されてしまうと、運動神経に自信のない私などにとっては著しくモチベーションが低下してしまう。しかも、前作でいっぱい買わされたダウンロードアイテム類が、新作では全く使えず、改めて買いそろえる必要があるのだ。なんて悪徳な(さっきは誉め言葉で使ったがこっちは文字通りの「悪徳」)!
 おそらくこれは、日本で唯一爆発的に売れたXbox360のドル箱ソフトを、どうにかして欧米でも売れるものに仕立てようと考えたあげく、日本のみでしか理解し得ないギャルゲー要素を取っ払わざるをえなかったというところではないか。あえて好意的な見方をすればだが。
 ただ、リズム音痴の私でも、楽しめる要素はとりあえずある。それは、「ランキング」の項で全世界(といっても今のところ日本だけでしか売ってないが)の達人の手による見事なライブ演出を鑑賞できる点。これは前回もあったものではあるが、1曲ごとに今作は3つのアレンジがあり、さらに近々新曲がダウンロードでリリースされ、さらにパーカッションの入り方も多岐にわたっているため、バリエーションは格段に増えている。実際、トップクラスの作品を見ると、それだけでもこのソフトを買ったことの満足感の80%は満たされるように感じられる。
 それでも、前作の出来があまりによかった点をふまえると、やはりギャルゲーとしてのアイマスよ再び、そして小鳥さん(知る人ぞ知るアイマスの最重要キャラ)を是非!と願ってやまないのである。

 参考までに、アイマスを知らない方へのサンプル映像をごらんあれ。

スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://adaken.blog4.fc2.com/tb.php/246-29f3bc3f
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Profile

ADAKEN

ADAKEN:オタク(R40)一応ライターです。
オタク関連の原稿執筆のご用命はこちらへどうぞ
kadachi1966@gmail.com




Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。