Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://adaken.blog4.fc2.com/tb.php/270-e80abe39
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

プラレールはいま

kyodaiN700.jpg
鉄道ファン、なかんずく鉄道模型ファンがファンになるきっかけ。その大多数がトミーのプラレールではないだろうか。そのプラレールを心底まで楽しめる「プラレール博」がサンシャインシティで開かれている。平日なら人も少ないと思い、ざっと覗いてきた。
 会場は平日なのに親子連れがいっぱい。そうか、プラレールの対象年齢って幼稚園未満の子だったりもするわけか!というわけで、ものすごい抵抗感が一瞬だけ(そう、ほんの一瞬だけ)よぎりつつ、ゲートをくぐったそこは、右も左もプラレールのジオラマ。まさに子供にとっては夢の国(もちろん大きな子供にも)。さいたまの鉄道博物館もいいが、小さい子にとってはむしろこちらの方が楽しめるかも。
 そこここに並んだジオラマも、もちろん半端なスケールじゃない。その中でもっとも目立ったのが日本の主要都市を再現したやつ。
hokkaido.jpg
shinjuku.jpg
tokai.jpg
osaka.jpg
kyushu.jpg

 レイアウトのすごさもさることながら、いまのプラレール、これほど車両のバリエーションがアルのことに感心した。JRの主力車両はもちろん、217系湘南色なんて、誰が商品化を提案したんだよ!
217.jpg
 さらに小田急ロマンスカー(「あけてくれー」の白黒バージョンは置いてありません)やら京王やら近鉄やら南海ラピートやらきかんしゃトーマスやら、もう、子供が好きそうな鉄道車両は何でもある感じ(雪かき車なんてもうありません、そんなもの)。まだ開通前の東京メトロ副都心線の車両まで置いてありました(まあすでに有楽町線に使ってるので何の不思議もありませんが)。
fukutoshin.jpg
 その昔、私が幼少の頃はといえば新幹線(もちろん0系)と、D51+雪かき車あたりが目玉で、山手線も中央線も型は同じで色が違うだけの雑な103系(101系?見分けは付きません)があったくらい。いまの子供は本当に恵まれていると実感したイベントだった。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://adaken.blog4.fc2.com/tb.php/270-e80abe39
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Profile

ADAKEN

ADAKEN:オタク(R40)一応ライターです。
オタク関連の原稿執筆のご用命はこちらへどうぞ
kadachi1966@gmail.com




Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。