Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://adaken.blog4.fc2.com/tb.php/51-5aec4313
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

あなたもプチクリわたしもプチクリ

 岡田斗司夫著「プチクリ」を一気に読んだ。
 著者はご存じ「オタキング」。オタク文化に興味を持っている人なら知らない人がいない(ハズ?)のカリスマである。しかし、この本に関する限り、オタクにとどまらず、万民必読の名著である。
 「何かを表現したい」「こんなおもしろいことを誰かに伝えたい」。これがプチクリの原点。「好き=才能」というシンプルな定義。素直に読んで、素直にだまされて、素直に行動に移したくなる内容。さすが「大学教授・岡田斗司夫」だ。
 特定の物事にこだわり、それを深く深く深く探求していくのがオタクの基本という認識が世には広がりつつある。しかしこれとはまったく対照的に、岡田氏がこの本で語っているように、興味を持ったことは手当たり次第に首をつっこんでいくのもオタクの様式なのである。それはオタクを自称する私にも激しく身に覚えがある。自分の興味がある事象を挙げると、特撮、アニメ、PC、AV機器、鉄道、サッカー、阪神タイガース、日本映画(喜劇限定)、大河ドラマ、日本史、なつかしドラマなどなど、挙げ出すと果てしなくなる。そしてこれらの趣味を共有する誰かに自分の気持ちを伝えたい。これはもう言わずもがなのプチクリというわけだ。
 オタク文化に限らず、今自分がものすごくハマっていることを誰かに伝えようとした時点でそれはプチクリなのである。
 こうしてブログを書いているのはまさにプチクリ。そんなブロガーの強い応援の手となる一冊である。

プチクリ!―好き=才能!

プチクリ!―好き=才能!

スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://adaken.blog4.fc2.com/tb.php/51-5aec4313
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Profile

ADAKEN

ADAKEN:オタク(R40)一応ライターです。
オタク関連の原稿執筆のご用命はこちらへどうぞ
kadachi1966@gmail.com




Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。