Entries

スポンサーサイト

ゴーオンジャーはマスクオフてんこ盛り

 戦隊シリーズを長年見ているファンにとって、お楽しみシーンの一つに「マスクオフ」といわれるものがある。パワードスーツを装着したまま、マスクを外すして素顔をさらすのは、素性をさらしてはいけないヒーローの、いわば禁断の姿だ。それだけに希少価値のあるマスクオフが見られるのは(変身プロセスにおける演出効果などを除くと)、決定的なピンチに陥ったケースか、最終回のすべての戦いを終えた後などに限られていた(メタ...

ウルトラマンレオ 35年目の真夏の雪夜

 「ウルトラマンレオ」。1974年4月から75年3月まで放送された、第2期ウルトラシリーズ最後の作品である。獅子座L77星(ウルトラマンやセブンのM78星雲とは別の星)から地球にやってきて怪獣や宇宙人と戦うウルトラマンレオ。地球防衛隊MACの隊長にウルトラセブンのモロボシ・ダンがなっていて、後輩の若きウルトラマンであるレオこと、おおとりゲンを、特訓などを通じて厳しく鍛えていく、スポコン的要素の入っ...

仮面ライダーキバ バイクもナイス

 仮面ライダーキバ第2話、今回の見所は何と言ってもバイクアクションだろう。かつての昭和ライダーに比べると、バイクの流行の違いもあって、アクションにおける軽快感はあまりなく、ロケーションや予算の都合からか、怪人の走行姿(バイクというより自転車の曲乗りのようだが)はCGで処理されているが、迫真の演出だったと思う。やはりライダーはバイクアクションがしっかりしていないと名折れだと思うのである。 軽快とは裏...

仮面ライダーキバはヒロインがGood!

 最近ハリウッドのアクションものでは、ヒロインものが大流行だ。「トゥームレーダー」しかり、「ウルトラバイオレット」しかり、「アンダーワールド」またしかり、枚挙に遑が無い。その源流のひとつといえるのがアニメ版「キューティーハニー」であり、今放送中の「キューティーハニー THE LIVE」もまたその流れの一端だろう。 ただ、こうしたかっこいいお姉さんが戦うという特撮アクション作品が日本では最近希有であ...

ウルトラマン大博覧会(オタク推奨)

 六本木ヒルズで開催中の「ウルトラマン大博覧会」を見てきた。一見、子供目当ての円谷プロによる断末魔イベントかと思いつつ足を運んでみたのだが(それにしても六ヒルはわかりにくい!)、いやいやどうして、ウルトラで育ったわれわれ昭和40年代の子供たちのための、なかんずく「ウルトラシリーズはQからセブンまで」と断じてはばからないウルトラ原理主義者をメインターゲットにした、垂涎ものの展示内容だった。  ま...

Appendix

Profile

ADAKEN

ADAKEN:オタク(R40)一応ライターです。
オタク関連の原稿執筆のご用命はこちらへどうぞ
kadachi1966@gmail.com




Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。