Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生スペシウム光線を見たぞ!

 期待の怪獣映画「ギララの逆襲」が今月26日に公開される。それを前にトークイベントが新宿・ロフトプラスワンで開催された。壇上に登場したのはこの映画のメガホンをとった稀代の巨匠・河崎実監督と、「高峰参謀」役で出演した古谷敏さん。そう、あのウルトラマンの中に入っていた人である。そしてウルトラ警備隊のアマギ隊員でもある。

宇宙大怪獣ギララ宇宙大怪獣ギララ
(2003/04/25)
和崎俊也

商品詳細を見る
 「ギララ」。1967年に松竹が制作した怪獣映画で、どんな作品か、詳細はDVDなどで見てもらうとして、ひと言でいうと超B級。ゴジラ、ガメラといった今も語り継がれる人気怪獣映画が居並ぶ当時にあって、お世辞にも出来のいい映画とは言えなかった。

 私はこの「ギララ」、家の近所にあった東京相互銀行の月に一度のお楽しみ子供映画上映会で見たことを記憶しているが、内容は全然覚えていなかった。先日改めてみる機会があったのだが、子供にはきわめて難解な結末(大人にとってもだが)だったがために記憶に定着できなかったようだ。

 そんな記憶の彼方に葬り去られていた怪獣を、あえて21世紀のスクリーンに呼び戻した河崎監督。やはり同じ怪獣世代、怪獣に育てられた我々の期待のその先を常に見ておられる。

 しかもキャストがすごい。黒部進に古谷敏にきくち英一に中田博久。この4人のなを一度に並べられてはもう、見ないわけにはいかないのがウルトラ育ちの我々の気持ちなのである。

 誰この人たちって?黒部さんはウルトラマンのハヤタ隊員であり、古谷さんは先述の通りウルトラマンの中の人であり、きくちさんは帰ってきたウルトラマンの中の人、そして中田さんはキャプテンウルトラなのである。こんな夢の取り合わせを実現してくれる映画監督が河崎御大を置いてほかにいるものか!そのほかに加藤和樹とか加藤夏希とかビートたけしとか出てくるのだが、我々にとってはどうでもいいのであるそんなことは。

 その偉大なる4人のうちの一人、古谷敏さんを生で見られるなんて!イベントの中心も当然古谷さんの存在そのもの。すでに齢六十を越えている古谷さんだが、180センチの長身に衰えというものを全く感じさせない。アマギ隊員以来実に41年ぶりの出演で「最初のセリフで5回NGを出してしまった」そうだが、河崎監督は「(ウルトラセブン第28話「700キロを突っ走れ!」のような)弱々しいアマギ隊員のまま演じてもらった」(やはりわかっている!)そうで、狙い通りだったようだ。早くその勇姿が見たい。

 イベントの後半ではビートたけしが演じた「タケ魔神」のぬいぐるみ(着ぐるみと呼んではいけないとは河崎監督談)が登場。そこに立ち上がった古谷さん、あの!十字のポーズで“応戦”。おおお、生スペシウム光線だー!!

 いやあ、これが見られただけで今夜は救われた気がする。

 ともあれ26日の封切りが楽しみだ。

(写真はiPhoneで撮りました)

iPhoneゲットだぜ!

 ついにiPhoneが発売された。そして筆者は幸運にも発売初日に手にすることができた。その経緯を報告する。

 まず10日夜、胸に「iPhone」とでっかく書いたTシャツを着用し(某所から購入)、代々木上原で行われた神田敏晶さん主催の「iPhone前夜祭」(タイトルが長かったのでわかりやすく表記しました)に参加し、モチベーションを上げる。そのまま表参道の長蛇の列(この時点で列が原宿の向こうまで伸びているとの情報)へと流れる人が多かったようだが(神田さんもそちらの方へ行ってましたね)、私は敢えていったん自宅へ。

 そしてワールドビジネスサテライトでの騒ぎの伝え方を確認(前夜祭の取材に来ていたが、結局画は使われなかった)し、しばしゆっくりしながら2chなどを元に情報を収集。大型店でも数はあまり出そうにないとの見方が広がっていたため、様子見のつもりで自転車でアキバヨドバシまでひとっ走りしてみた(こういう時のためにアキバの近所に引っ越してきたわけです)。

 到着したのは午前1時30分頃。店の前には数十名が座り込んでいた。さらに店の横の、昭和通りに通じる通路にも列が2カ所。16ギガの黒と白、8ギガタイプと、モデルごとに列が分けられていて、さらに少し外れたところには「ウィルコムD4はこちら」と書かれた張り紙も。こちらはさすがに無人だった。このまま自宅に戻るのももったいないのでと、16ギガの白の列につくことにした。前方を数えるとざっと40人ほど。一方の黒の16ギガはそれより多い感じだった。思えばこの選択が後々ものをいうのである。

 列の人々は至って静か。wiiやDSやPS3のような転売目的の不逞の輩もさすがにおらず、この手の行列に欠かせないアジアの方々の姿もない。山手線の終電が終わる頃までに私の後ろについたのが20人足らずといったところ。ここから始発が動く4時半まではほぼ行列の陣容に変化は無し。

 長丁場を過ごす同志であるためか、前後に並んでいる人とも和んで、短時間行列を離れるのも特に問題なし。前方に偵察に行ってみると、販売の手順が書かれた張り紙を発見。整理券番号によっては12日、13日の受け取りを余儀なくされることが判明した。白の16ギガは60番までが当日渡しとあったため、ひとまず安堵。ちなみに黒の16ギガは47番までと書いてあった。もし最初に黒の方に並んでいたら、きょうのこのブログは嘆き節の場と化していたところだ。

 さて午前2時を回り、ありとあらゆる暇つぶし策をとる。まず、かばんに常備している本を2冊、読み尽くす。最近身についた多読速読の習慣がこういうときに役に立つとは。さらにDSで数独。難しめのを3つもやっているうちに2時間はあっという間。見上げれば空は明るく、始発からの参加組が到着して急激に列が長くなる(もちろんこの時点で列についた人々はあした以降の受け渡しとなる)。

 すると、警備係の人が番号が書かれた札を前方から配りだした。整理券の繰り上げ配布か、と思いきや、「これは割り込み防止券です」と。何でわざわざもったいぶらせることをするかな。人数が多くなってきたので、行列を短時間離れても大丈夫なようにとの配慮のようだが。

 朝7時。表参道では孫正義が加わってのカウントダウンイベントに引き続いてiPhone発売が始まった(ちなみに世界では3番目。1番はニュージーランドで2番目はオーストラリアね)。まあ、あちらは1500人、最後尾が店に入れるのはいつのことやら。

 そして8時30分、通lきんと中のサラリーマンが横を行き交う中、定刻通りに整理券の配布が始まった。私が受け取った番号は「46」。さっきもらった割り込み防止券と同じ番号だ。なんか店の都合で無駄な時間を過ごさせられたような気も。とはいえ、整理券には「16:00~18:00」と受取時間が明記してある。あと8時間だ!

 いったん帰宅して昼過ぎまで仮眠。正午にはあちこちでイベントが行われたそうだが、徹夜明けの睡眠不足の身にそんなものにつきあう体力は無し。

 16時には別の用事が入っていたのでそれを早々に済ませ、17時ちょっと前、アキバヨドバシに到着。5分ほど待たされたあといよいよ手続きを開始。契約は新規で、もちろん一括払い。システムダウンのためアクティベーションはご自宅でお願いしますとの説明を受け、約30分で手続きは終了。

 寄り道もせず早々に帰宅し、早速開封。アクティベーションは順調に完了。iPodtouchの時とはえらい違いだw。

 touchと比べると若干大きめのiPhoneはついに我が物に!まだ十分動かしていないが(モバイルMeはまだ始動しないのか)、指触りの反応はtouchよりも良さそう。ただし気になったのは10キースタイルでの日本語入力の反応の鈍さ。使い込んでいけば反応は良くなるのだろうか。日本語周辺の弱さはアップルの悪しき血統といえそうだ。

 というわけでこんなことをしてみた。

 iPhoneの壁紙に鉄道むすめを貼ったのは私が世界初だろう。

 

iPhone序曲

gyoretu220080709215631174.jpg
 いよいよiPhoneの発売日が近づいてきた。昨日ソフトバンクが11日当日の販売概要を大まかながら発表し、それと前後して原宿のソフトバンクショップ表参道店の前には行列ができはじめた。  上の写真は9日夕方に撮影したものだが、ざっと20人足らずといったところ。歩道の幅が広いため、通行のジャマになっているという感じではない。店側も迷惑がっていると言うよりむしろ、警備員を数名配備して、お客様の保護に努めるなどわりと和やかな様子。

 夕刻の通勤帰宅時間とあって、通行人はひっきりなしに行き交い、通りすがるたびに何事かと足を止める姿が繰り返されていた。  こちらは最後尾。 gyoretu120080709215633180.jpg
 女性客の姿もちらほら。アキバあたりとは違う原宿ならではといったところだろう。

 ちなみに店内はというと・・・。 sb20080709215633983.jpg
こんな様子。白いついたての向こうが非常に気になる。

 ちなみに、ご存じの通りこの表参道店での発売開始は11日午前7時から(MNPの場合は午前9時から)。ほかのソフトバンクショップや大型量販店では正午から発売とアナウンスされているが、アキバ・ヨドバシでは午前8時半から整理券を配るとのこと。

 私は明日の夜から上の写真の列の後ろにつくつもりだが、実はそんなことしなくても近所のソフトバンクショップ浅草田原町店であっさり手に出来そうな気もする。でも列があれば並ぶのがイノベーターの宿命というもの!

iPhone日本上陸 様々な意味で楽しみな7.11

iphone3g_pair_m.jpg
 多くのアップル・ギークらが見守る中、iPhone 3Gがベールを脱いだ。
 「8GB $199 7月11日世界同時リリース」
 当初599ドル程度ではとの予想もあっただけに、かなり衝撃的、まさにギークどもを刺激するに十分な価格である。ちなみに昨年9月に発売したiPodtouchは38,900円だった。
 その衝撃的な発表に対し、日本での反応は意外にも冷ややかという。今朝のテレビ東京「オープニングベル」ではUBS証券のアナリストの反響として「Yahoo!ボタンなども付いてなく、日本市場でのインパクトは薄い。他キャリアからソフトバンクに流れるケースは少ないのでは」という見方が紹介されていた。日本メーカーも「それほど脅威には感じていない」と。
 こうした見方を示す人々はこの未明の発表にいかに多くの日本人が眠気に耐えながらかぶりついていたのか知らないのだろう。Yahoo!ボタン?ワンセグ?おサイフケータイ?「そんなの関係ねえ」と断じてはばからない消費者がいくらでもいることを、彼らはわかっていない。
 このiPhoneがどれだけ売れるか。それこそが真の衝撃となって日本市場に新たな流れを作ることになろう。その事実を1カ月後、しっかりと見極めたい。

速報!アキバ通り魔事件

DSC_0042.jpg
 先ほど秋葉原で買い物していたところ、とんでもない事件に遭遇してしまいました。
 事件の詳細についてはほかのニュースで見ている方も多いと思われるので、私の見てきた一部始終を、写真でお伝えします。

続きはこちら

トンデモ本大賞2008リポート

mizu.jpg
 今年も日本トンデモ本大賞の季節がやってきた。コミケ、ワンフェスなど、マスコミに露出するオタク系イベントは数々あるが、そういうミーハー系オタク向けとは一線を画す、決してオタク濃度が薄まることのない硬派向けイベントといえるのがこのトンデモ本大賞である。
 今年は池袋・豊島公会堂に場所を変え(ってここ毎年転々としているわけだが)執り行われた。

続きはこちら

iPhoneはソフトバンクへ 波乱の幕開け?

g004_iphone_artwork.jpg
 iPhoneの日本でのキャリアがソフトバンクモバイルに決まったそうだ。ドコモかソフトバンクか、それとも両方から出るのかなどといわれていたが、わりと順当な決まり方という印象だ。ただ、始まりはこれからかも。

続きはこちら

西村京太郎VSアキバカルチャー

十津川警部 アキバ戦争 (TOKUMA NOVELS)十津川警部 アキバ戦争 (TOKUMA NOVELS)
(2008/05/16)
西村 京太郎

商品詳細を見る
 根っからの鉄オタを語る私ではあるが、実は西村京太郎の作品、これまで1冊も読んだことがなかった。平積みにされている表紙を見て、「ああ今回のは特急○○の話か」と確認する程度。土曜ワイド劇場でも、エロ描写が少ないせいか、少しつまみ見する程度。
 だが、「十津川警部 アキバ戦争」。このタイトルはさすがに気になって購入。例によって3時間ほどで読破してみた。

続きはこちら

Appendix

Profile

ADAKEN

ADAKEN:オタク(R40)一応ライターです。
オタク関連の原稿執筆のご用命はこちらへどうぞ
kadachi1966@gmail.com




Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。